葬儀は事前予約するべきでない

葬儀社の中には、あらかじめ葬儀契約をし、葬儀費用の積み立てをさせているところもありますが、これを利用するのは避けるべきです。自分で金融機関に積み立てをしておけばいいことです。葬儀社が破たんする危険もあります。何より、事前予約するのは不利です。事前予約プランをセールスするには、人件費とパンフレット代と資金管理費用などがかかります。それらはすべて、葬儀費用に上乗せされます。そうしたセールス活動をしていない業者のほうが、余計な費用をかけていない分、費用を低く設定できます。それに、葬式をするのがいつになるかは誰にもわからないことです。二十年後以降になるかもしれません。その頃には、葬式事情も変わっていることでしょう。昔は何十年も同じ状況でしたが、ここ二十年間においては葬式の形態も費用も激変しました。ずっと変わらずにあったものが変わり始めたら、変化はさらにスピーディーになる可能性も高いです。前もって決めておくのは、リスクでしかないと考えられます。