葬儀は残された者にとって学びの場でもある

葬儀はただ単に亡くなった人を弔い葬るだけのものではありません。意味合い的にはそういった証言が正しくなるでしょうが、葬儀を行う中で感じられることは沢山あり、素晴らしい学びの場でもあるのです。
故人に別れを告げる際、参列した人々は皆「死」について考えを巡らせます。「死」とは驚く程急にやってきて、親しかった人や愛した人を遠くへと連れ去ってしまいます。その現実を直視するのです。
そうして初めて人は、「死」も平等に生きるものに与えられているものだと気づきます。その瞬間がいつやってくるかは人によりますが、人間が生きる限り死も必ず訪れる。その時に後悔しないように・愛する人や大切な人に何かを残せるように、生きているうちに全力で自分に何が出来るかを問うべきであると気づくことが出来ます。
葬儀には悲しみや未練が付き物ですが、その事から生きる上での大切な目的を思い出し、また新たな気持ちで前を向いて歩いていくことが出来るようになるのです。